差がでるパンフレット

差がでるパンフレット作成をしたい

差がでるパンフレット作成をしたいというのは、どの企業でも同じことではないでしょうか。他の企業よりも違い、綺麗で手にとってほしいパンフレットなら多くあります。ただし、パンフレット作成に関してはそう簡単に差がでるものではありません。
こんな時、どういう違いがあれば他社に差をつける事ができるのでしょうか。

方法のひとつは大きさです。
パンフレットの場合は大きさが違ったり、独特の形をしているだけで注目することが多いのです。一般的な印刷と同じようにA4サイズやB5サイズでは、とても多くのパンフレットに埋もれてしまいます。また、売るものがジュエリーや電子機器など小さいアイテムなら、パンフレットとしてはあまり大きいものは好ましくない場合もあります。

このため、大きさをある程度変えたり、独特のものにするのもひとつの方法です。少し価格は高くなりますが、独自サイズはアピール力があります。最近は縦横の長さが同じものだったり、縦長の独特の形をしているものが置くなっています。大きすぎるものだと読みにくいという話もありますから、気をつけておきましょう。
もうひとつはイラストです。イラストはそのパンフレット作成でパンフレットのイメージをとても良く伝えてくれるものです。可愛らしいものからスタイリッシュなものもあるでしょう。また、独特のキャラクターが居るのならそのキャラクターのイラストはぜひ掲載してください。他の企業との差をつける大きなメリットになります。
特殊印刷も方法ですね。特殊印刷とは、印刷の時に表面にデコボコをつけたり、特殊な形にカットしたパンフレットにしたり、というものです。表面をラメにしたりホログラムをつけたりと、いろんな華やかな加工ができます。いろいろな加工ができますが、予算が若干高くなりがちなので、ここぞという時のパンフレット作成として使える事が多いでしょう。キャンペーンや特別なイメージを与えたい時に、華やかなパンフレット作成ができるのです。

最近は他にも、いろんなパンフレットの作り方があります。
他の企業やライバル企業との違いをつけるためには、他社にはないパンフレット作成ができればいいでしょう。少なくともこれまで出来なかったことが印刷技術の向上によってできますから、もし予算に余裕があるのなら、いろいろな加工方法を比べてみましょう。
ただ、差をつけるというだけで華やかだったり手の混みすぎたものにすると、今度は読みづらさも出てきます。デザイナーと相談して、いろんな方法を考えてみましょう。